特車トレーラの連結検討・けん引車追加はご相談下さい。!

 
トップページ 連結検討・必要資料 ご依頼の流れ 料金案内 事務所のご案内 お問い合わせ
 

  トレーラをお持ちの業者様へ。車検証に(被)けん引車の記載はありますか?

トレーラをお持ちの業者様へ。次の点をご確認ください。

運行するにあたり、トラクタ、もしくはトレーラに、けん引車もしくは被けん 引車が車検証に記載されていなければなりません。

実際に連結して運行する車両の車検証に(被)けん引車の型式の記載はありますか。

もしない場合は、運行する場合は違法となりますのでご注意ください。

特殊車両通行許可をお持ちの場合は注意が必要です。

包括許可で何台かまとめて許可を受けている場合、許可証にある条件書をご確認ください。

その中に、
「車両の組合せは、トラクタまたはトレーラの自動車検査証に記載されている組合せに限る」
と記載されております。

もし、けん引車追加されていない組合せで運行させていた場合には、特車通行許可についても条件に違反することとなります。

さらに、特殊車両通行許可申請につきましても、昨今、この(被)けん引車の記載のない車両の
組合せでないものの申請について、追加されるまで審査がストップするような窓口もでて
きているようです。

事故発生の際の会社が抱えるリスクを軽減する観点や、コンプライアンスの面からも、けん引車追加についての対応は必要になります。

 

  けん引車追加をご検討の際は、一度当事務所にご相談ください。

もし、けん引車の追加が必要な場合には、一度当事務所にご相談ください。

車両の組合せによっては、けん引追加できない場合もございます。

けん引車追加をして、車検証に記載するにあたっては、
けん引する組合せの車両で連結した状態で、基準に該当するか否かを判定します。

この書類を「連結仕様検討書」と言い、この検討書で連結状態での基準該当性を疎明して、
けん引追加を認めるような手続きになります。

そのため、場合によっては連結は無理であったり(実際には運行できたとしても)、連結するには保安基準緩和が必要になったりというケースは当事務所でもよくあります。

けん引追加をご検討の際は、まずはご相談無料の当事務所にご相談ください。

           
 

  特車通行許可を併せてご依頼いただくとお徳です!

当事務所は、けん引追加から特車許可、制限外積載等の申請を扱っております。
特殊車両通行許可につきしては、オンライン申請で全国対応しております。

現在、静岡県内を中心に東は東京都から西は大阪府までの運送業者様からご依頼をいただきサポートさせていただいております。

当事務所では、全国各申請窓口の申請状況を参考にして、経験とノウハウでスピード取得しお客様のご希望に添えるサポートを実現いたします。

特殊車両通行許可のご依頼をいただいている業者様のけん引追加につきましては、特別価格で対応させていただいております。

是非併せてご検討ください。

 連結検討・けん引追加

連結検討・けん引追加サービスについてご説明いたします。


 料金案内

当事務所のサービス料金についてご紹介いたします。

 ご依頼の流れ

実際にご依頼するまでの手順は、こちらをご覧下さい。

 お問い合わせ

些細なことでもお気軽にお問い合わせください。


 
Copyright © 2009 特車トレーラの連結検討・けん引車追加 アサヒ総合事務所 All rights reserved.
by 特車トレーラの連結検討・けん引車追加 アサヒ総合事務所